交通事故・労災|弘明寺の整形外科なら弘明寺整形外科リハビリテーションクリニックまでお越し下さい。

弘明寺整形外科リハビリテーションクリニック

交通事故

交通事故・労災
不運にも交通事故に遭遇してしまうと身体的苦痛だけでなく、予期せぬ出来事に対する心理的な不安も多いかと思います。
事故に伴う怪我による疾患で最も多いのが、頸椎捻挫(むちうち)、腰椎捻挫です。頸部〜腰部の痛み、頭痛、上下肢のしびれ、めまい、嘔気等の症状が出現することがあります。症状が長引く場合も多く、早期介入と定期的な治療、経過観察が必要になってきます。

交通事故による診断、治療、また診断書作成まで行います

また、病気の治療だけでなく、警察の介入、自動車保険(自賠責保険や任意保険)、職場とのやり取り等、行わなければいけないことが多いです。
事故、労災という特殊な状況での怪我に対して心理的な面までサポートしながら治療を行っております。治療に専念できるように警察や保険会社とのやり取り、職場への働きかけ等のアドバイスを行わせていただきます。
後遺症が残った場合は、診断書を作成致します。(主な治療を当院で受けた方を対象と致します。)

受診の流れ

Step.1 保険会社に連絡

保険会社に弘明寺整形外科受診する旨をお伝えいただきますと、保険会社から当院に連絡がきます。連絡があった時点から、当院での治療費は保険会社が負担することになり窓口負担なしで治療を受けることができます。

Step.2 受診

診療時間内にご受診いただき、受付に交通事故で受診する旨をお伝えください。

労災

交通事故・労災
当院は労災保険指定医療機関です。労災保険で治療を希望される方はお気軽にご相談ください。
労災保険は仕事中や通勤途中のけが等に適用される保険です。まずはお勤めの会社に労災保険に加入しているかどうかをご確認下さい。
労災・通勤災害では、保険協会の保険証は使用できません。
労災申請を行い認定をうける必要があります。労災保険申請が認定されますと、窓口負担なしで治療を受けることができます。

労災の申請方法

Step.1 会社へ報告

お勤めの会社に労働災害が起きた旨を報告します。

Step.2 書類を提出

労働基準監督署長あてに必要書類を提出します。企業が手続きの代行を行うこともありますが、ご自身で申請するケースもあります。

ご自身で申請する場合

労災保険請求書を労働基準監督署でもらうか下記厚生労働省のHPからダウンロードしていただき、必要事項を記入し、労働基準監督署に提出して下さい。
【厚生労働省】労災保険給付関係請求書等ダウンロード>>>

PageTop

弘明寺整形外科リハビリテーションクリニック

地図拡大表示